【珈琲いかがでしょう】コーヒー道具のメーカーは?中村倫也着用エプロンも紹介!

【珈琲いかがでしょう】コーヒー道具のメーカーは?中村倫也着用エプロンも紹介!

2021年4月5日(月)より、中村倫也さん主演のドラマ「珈琲いかがでしょう」が始まりましたね!

珈琲を丁寧にゆっくり淹れているシーンを見るのが好きなのですが、このドラマで使用しているコーヒー道具がどれも素敵なんですよね。

コーヒー周りの道具が気になる!ということで、ドラマで使われている道具がどこのメーカーのものなのか調べてみました!

中村倫也さん着用のコーヒー色のエプロンもご紹介します☆



【珈琲いかがでしょう】コーヒー道具のメーカーは?

ドラマで珈琲をいれるのは喫茶店などのお店ではなく、移動式キッチンカーの「たこ珈琲」。

こんな素敵なお店なんです。

キッチンカーに描かれたタコが可愛いですよね!

遠目ですが、コーヒー道具が分かる写真はコチラ↓

メーカーが判明したコーヒー道具をご紹介しますね!

 

ドリッパースタンド|The Coffee Registry(コーヒーレジストリ)

変わった形をしたドリッパースタンドは、The Coffee Registry(コーヒーレジストリ)の「Curator pour over stand」になります。

 

 

The Coffee Registry(コーヒーレジストリ)とは、アメリカのコロラド州フォートコリンズのメーカーになります。

この実験器具のような3か所の関節部分が、下に置くサーバーやカップの高さが変わってもドリップポイントを調整できる優れものとなります。

ドリッパー|HARIO(ハリオ)V60 耐熱ガラスドリッパー

ドリッパーはHARIO(ハリオ)のV60 耐熱ガラスドリッパーになります。

 

ドラマでは、ホルダー部分を外して使用していますね!

一つ穴タイプのドリッパーになります。

V60ドリッパー専用のペーパーフィルターも売っています。

 

 

コーヒーサーバー|KINTO(キントー) SCS コーヒージャグ 300ml

抽出したコーヒーを入れるサーバーは、KINTO(キントー)のSCS コーヒージャグ300mlです。

 

ゆっくりと珈琲が抽出されている様子を見ることができる透明なコーヒーサーバーで、シンプルな形が素敵ですね!

ドリップポット|珈琲考具 ドリップポット ITTEKI ステンレスハンドル

ドラマで使われているドリップポットは珈琲考具の「ドリップポット ITTEKI ステンレスハンドル」になります。

 

ITTEKIという言葉が商品名に入っている通り、一滴ずつお湯を注げるようです。

中村倫也さん着用エプロン|FACE MIX(フェイスミックス)胸当てエプロンのブラウンカラー

コーヒー道具ではないのですが、中村倫也さんが着用しているエプロンも気になりますよね!

ちなみに、原作の漫画では下のようなビジュアルになります。

 

こちらのエプロンは、FACE MIX(フェイスミックス)の胸当てエプロンで、カラーはブラウンになります。

 

胸元のポケットがめちゃめちゃ便利そうです!

【珈琲いかがでしょう】監修の猿田彦珈琲のコーヒーも!

ドラマ「珈琲いかがでしょう」を見ていて、コーヒーが飲みたくなった方に、ドラマの珈琲監修をしている「猿田彦珈琲」の手軽に飲めるコーヒーもご紹介します☆

 

超簡単なコーヒーベース!
10倍に薄めて飲めます!

 

ドリップバッグで手軽ですね!

 

猿田彦珈琲について、もっと詳しく知りたい方には本もありますよ!

 

【珈琲いかがでしょう】コーヒー道具のメーカーまとめ

ドラマ「珈琲いかがでしょう」で使用されているコーヒー道具や中村倫也さん着用のエプロンについてご紹介しました!

コーヒー道具はどれもセンスの良いものばかりで、なかなかのお値段でした・・・(^-^;

ドラマ自体も楽しみですが、コーヒーを美味しく入れるコツやコーヒー道具も楽しみですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です