赤井英和の息子・赤井英五郎の大学と身長は?ボクシング経歴のプロフィールも紹介!

赤井英和の息子・赤井英五郎の大学と身長は?ボクシング経歴のプロフィールも紹介!

赤井英和さんの息子である赤井英五郎さんもプロボクサーの道へと進まれてますね。

赤井英五郎さんがボクシングを始めたのが20歳の頃になります。

この記事では、赤井英五郎さんの大学や身長などのプロフィール、ボクシング経歴をご紹介していきます。



赤井英和の息子・英五郎の大学と身長などプロフィール

赤井英和さんの息子である、赤井英五郎さんのプロフィールを見ていきましょう。

下の写真は親子ツーショット写真になります。

赤井英五郎プロフィール

名前:赤井 英五郎(あかい えいごろう)
生年月日:1994年9月22日
年齢:27 歳
出身地:東京都世田谷区
血液型:不明
身長:179センチ
出身高校:ハワイの高校
出身大学:ウィディア大(アメリカ・ロサンゼルス)
所属ジム:帝拳ジム

血液型は不明というのが気になります・・・(^-^;

ボクシングで怪我でもして輸血が必要になったらと思うと、血液型を知っておいたほうが良いのではという気もします・・・

赤井英和の息子・英五郎のボクシング経歴

小学6年生でハワイへ留学した赤井英五郎さんは英語もペラペラです。

小学校・中学校時代はラグビー、高校時代はアメリカンフットボールと他のスポーツ経験はあるものの、ボクシングの道は避けていたそうです。

高校3年生になったときに、将来を真剣に考えたときにボクシングでのポテンシャルを確かめたくなったそう。

2013年に東京オリンピックの開催が決定されたため、7年後の東京オリンピック出場を目標にしました。

父親の赤井英和さんがボクシングを始めたのが高校1年生のときだったので、当時高校3年生の赤井英五郎さんは高校を中退してでもボクシング1本に集中したいと思っていましたが、母親の反対に遭い高校を卒業しました。

大学に進学することも考えていなかったそうですが、母方の祖父は大学に行けなかったことを後悔していることを知り、祖父に卒業証書を見せるために大学に進学することを決断したそうです。

親孝行、おじいちゃん孝行の優しい方なんですね。

 

大学の進学先に選んだのはアメリカのロサンゼルスで、これは父親の赤井英和さんが現役時代に強化合宿をしていたことがあるという理由です。

アメリカのボクシングのルールは戦績がない選手同士で試合を組まなければいけないため、赤井英五郎さんの対戦相手がおらず、日本へ帰国してアマチュアライセンスを取得。

初出場の大会は全日本選手権で全日本ランキング6位に入賞できました。

その結果に周りからも注目を浴び、期待もされるようになっていましたが、休学していた大学の学業とボクシングの両立は、アメリカと日本を行き来する生活ということもあり思っていた以上に過酷で、試合で結果が出なくなってしまったそうです。

ボクシングを辞めることを考えたこともあるそうですが、大学を卒業後の2018年、社会人全日本大会で優勝することができました。

オリンピック選考メンバーに選ばれ、ベストコンディションであると実感できた最中に、左足アキレス腱を断裂、オリンピック選考会直前には手首の靭帯も断裂してしまい、オリンピック出場はかないませんでした。

全力で挑戦したオリンピックへの夢に区切りをつけ、新たな目標であるプロへの道に進みました。

プロでの夢は、父親の赤井英和さんのデビュー以来12連続KO勝ちという快挙を超える、13連続KO勝ちという記録を作って、世界チャンピオンになるのが目標だそうです。

しかし、2021年9月11日にはプロデビュー戦がありましたが、敗戦してしまいました・・・

赤井英和の息子・赤井英五郎のプロフィールまとめ

赤井英和さんと同じボクシングの道に進んだ息子である赤井英五郎さん。

親が有名であるかは関係ない実力の世界で、赤井英五郎さんが末永く活躍するのを応援しております!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です