佐伯大地はハーフで英語が話せる?気になるプロフィールまとめ

佐伯大地はハーフで英語が話せる?気になるプロフィールまとめ

ドラマや舞台で活躍している俳優の佐伯大地さん。

顔が濃くてハーフではないの?英語が話せる?と話題になっています。

この記事では、佐伯大地さんがハーフで英語が話せるかの真相とプロフィールをまとめてご紹介します!



佐伯大地はハーフ?

佐伯大地さんは役柄では日本人以外を演じることもあるため、ハーフではないか?と言われています。

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」では、「グレゴーリオ・ヴァレンティノ」、通称「ぐれ」を演じていますが、これは日本人とイタリア人のハーフという役柄です。

佐伯大地さんの顔の濃さからハーフとのウワサがあると思うのですが、佐伯大地さんはハーフではありませんでした!

佐伯大地さんが2011年に更新していたブログに以下のような記載がありました。

メイクしたら
余計濃いって言われた、
ショック。

日本人だっつーの!笑

さらに、こんな発言もありました!

ほんとハーフに間違えられるんですよねー!
こゆいからね仕方ないけど。

ということで、佐伯大地ではハーフではありませんでした!

佐伯大地は英語が話せる?

佐伯大地さんはハーフと思われることも多いので、英語も話せるのでは?と思われる方も多いかもしれませんね。

大学まで通われているので、ある程度は英語を話せると思われますが、大学時代に図書館で過ごしていたときには

そろそろ本気で英語勉強しなきゃ!

とブログに書いていたり、

この仕事をしていなかったら何をしていたと思う?というブログ読者からの質問には

一二年働いてお金を貯めて、英語を学んで海外を放浪してる!

と答えていたので、英語がペラペラ話せるというレベルではなさそうです。

佐伯大地のプロフィール

佐伯大地さんのプロフィールをご紹介します!

佐伯大地プロフィール

名前:佐伯 大地(さえき だいち)
生年月日:1990年7月19日
年齢:32 歳
出身地:東京都
身長:184センチ
出身大学:立教大学 現代心理学部・映像身体学科

出身大学の立教大学 現代心理学部・映像身体学科は、映像を撮る方法や、映像と身体の関わりが学べて、役者やダンサーなどの表現者を育てる学科です。

小学校のころから俳優になる夢を持っていた佐伯大地さんは、入学するちょうど3~4年前に新設されたこの学科を知り受験をすることを決めました。

2009年にはミスター立教コンテスト準グランプリに選ばれ、2010年にはホリプロ主催の新人発掘オーディション「キャンパスター★H50withメンズノンノ」でファイナリストに選ばれたことで、芸能界デビューのきっかけをつかみました。

まとめ

佐伯大地さんはハーフで英語が話せる?と疑問については、佐伯大地さんは日本人で英語をもっと学びたいということでペラペラではないということが分かりました。

また、小学校からの夢である俳優の道に進むために、立教大学の映像身体学科に進学していました。

大学生のときにデビューのきっかけをつかみ、現在まで活躍していて今後も楽しみな俳優ですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です