サワコの朝の椅子がおしゃれ!どこのメーカー?購入できる?5種類の名前を徹底調査!

「サワコの朝」とは、阿川佐和子さんが司会者となり、毎回ゲストをお呼びしてインタビューをするトーク番組です。

この番組をチラッとでも見たことがある方は、色とりどりの椅子を目にしたことをあるのではないのでしょうか?

この記事では、「サワコの朝」で使われている椅子について調査していきます!

サムネイル画像引用:「サワコの朝」公式HP

スポンサーリンク

 



「サワコの朝」とは?阿川佐和子さんが司会のトーク番組

 

阿川佐和子さん、綾瀬はるかさん

引用元:「サワコの朝」公式HP

「サワコの朝」とは、阿川佐和子さんが司会者となっているトーク番組です。

毎週土曜日、朝7:30~8:00にTBS系列でテレビ放送されています。

芸能人や著名人のゲストをお迎えして、「思い出の中で今でも輝いている曲」と「今、心に響く曲」の2曲を選んでもらい、ゲストとお気に入りの楽曲について語ります。

阿川佐和子さんとゲストとの軽快なトーク内容や、選曲された音楽についても興味深いのですが、今回は椅子に焦点をあてていきます!

なぜなら、複数ある椅子の中から、ゲストが自分が座る椅子を選ぶシーンがとっても印象的なのです!

ちなみにゲストが椅子を選ぶことは、「対談するときに座る椅子をゲスト自身に選んでいただくってアイディアはどうかしら?」と阿川佐和子さん自身が提案されたそうです!

このエピソードや制作スタッフとのやり取りは、阿川佐和子さんの著書「サワコの朝」(大和書房)で読むことが出来ます。

阿川佐和子さんの素敵なアイディアで始まったゲストによる椅子選び、映されている椅子がどれもステキなため、調べてみました。

「サワコの朝」で使われている椅子は購入できる?

「サワコの朝」で使用されている椅子は、デザインも色の組み合わせも、どれもステキなんですよね~

ズラーッと並んだ椅子の中から、ゲストが迷いながら1つの椅子を選ぶのを見てるとワクワクします。

そして、こんなステキな椅子を我が家にも迎え入れたい!という人も多いのでは?と思い、「サワコの朝」で使われている椅子について、オーダーメイドなのか?それとも購入可能なのかを調べてみました!

結論から言いますと、どれも購入可能です!

 

早速見てみたい~という方のために、商品ページの画像を貼りました!

マルニ木工のHIROSHIMAアームチェア
(画像クリックで商品ページに飛びます)

 

 

フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)のバレルチェア(Barrel Chair)

 

 

 

フィリップ・スタルク(Philippe Starck)のコステス(COSTES)

 

 

ヴァーナー・パントン (Verner Panton)のコーンチェア(Cone Chair)

 

 

アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)のスワンチェア(Swan Chair)

 

お値段も様々で、手が届きそうなものから、一生モノと思えるものまであります。

スポンサーリンク

 

「サワコの朝」で使用されている椅子5選

それでは、早速「サワコの朝」で使われている椅子をご紹介していきますね!

【マルニ木工】HIROSHIMAアームチェア

阿川佐和子さん使用のマルニ木工HIROSHIMA

引用元:「サワコの朝」公式HP

まずは、司会者・阿川佐和子さんが使用している椅子について、ご紹介します。

こちらは、マルニ木工のHIROSHIMAアームチェアです。

司会の阿川佐和子さんが使用率ナンバー1の椅子ではないでしょうか。

 

マルニ木工とは・・・

「工芸の工業化」を掲げ、1928年の創業から広島県で家具を造り続けています。
2008年に深澤直人氏と共に世界の定番となる家具を目指し、MARUNI COLLECTIONを発表。
2011年にはジャスパー・モリソン氏も加わり、年々世界観を広げています。
100年後も定番として愛される家具を目指し、モノづくりに励んでいます。

 

MARUNI COLLECTIONの1つである、マルニ木工のHIROSHIMAアームチェアは、世界的プロダクトデザイナーである深澤直人さんがデザインしたもの。
深澤直人さんの主な作品には、無印良品のCDプレーヤーがあり、これはMoMA(ニュヨーク近代美術館)に永久収蔵されています。

HIROSHIMAアームチェアは、2016年にアメリカのアップル新本社ビルを有する施設「アップル・パーク」内で使用する椅子としても採用されたため、世界的にも有名になった椅子なんです!!

そのほか、シンガポールや香港のカンタス航空の空港ラウンジノルウェーのオスロ国際空港、アメリカの病院、オーストラリアのホテルなど世界各地で採用されています。

マルニ木工の目指す国際的なデザイン感覚と日本独自の木に対する美意識、そして精緻なモノ造りの技を融合した世界へ発信する家具造りが、世界に通用している証拠ですね。

ちなみに、こちらの椅子は2014年にデザインミュージアム・デンマーク(Designmuseum Danmark)に永久収蔵されています。

 

さて、公式ホームページによるマルニ木工のHIROSHIMAアームチェアのお値段は、

約14万円!!

・・・芸術品のような椅子ですし、100年使えるものと思えば、コスパは悪くない!?ですよね・・・!

実際に注文するとなると、木材の種類や、座面のファブリックを選ぶセミオーダーなので、本当に迷ってしまいますね~!

マルニ木工直営ショップは本社のある広島と東京に2か所、ショールームは広島、大阪、仙台と3か所にあります。

お近くにショップがない場合、下記サイトでもイメージがつかめると思います↓

 

 

【フランク・ロイド・ライト】バレルチェア

阿川佐和子さんと高橋一生さん

引用元:「サワコの朝」公式HP

高橋一生さんが「フランク・ロイド・ライトの椅子ですよね。座ってみたかった」と言って、選んだ椅子がフランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)のバレルチェア(Barrel Chair)

 

フランク・ロイド・ライトのバレルチェア

引用元:「サワコの朝」公式HP

 

フロイド・ロイド・ライトは帝国ホテルの建築デザインを手掛けるなど、日本でも良く知られた建築家で、近代建築の三大巨匠の1人です。

一目見て、ランク・ロイド・ライトのバレルチェアと分かる高橋一生さん、教養がありそうです!

バレルチェアは、1904年にマーチン邸のためにデザインした椅子です。
バレルとは「樽」のことを指し、デザインは、まるで樽のように丸い座面をぐるりと囲むように背もたれとアームが一体化しているデザインが特徴的です。

すごく高級感を感じる椅子になりますが、こちらの椅子のお値段は・・・

約30万円!!

いや~見ているだけでも、椅子の美しさにうっとりしますね。

↓画像クリックで商品ページに飛びます♪

 

 

【フィリップ・スタルク】コステス

阿川佐和子さんと菅田将暉さん

引用元:「サワコの朝」公式HP

 

菅田将暉さんとの対談で目を惹いた、こちらの椅子はフィリップ・スタルク(Philippe Starck)のコステス(COSTES)

1984年、伝統的なパリのカフェ「カフェ・コスト(Cafe Costes)」のためにデザインされた名作です。
こちらの椅子は、よく見ると脚が3本
3本の脚の理由は、ウェイターが注文の品を配膳するときに、足を引掛けてしまうことに配慮されたデザインです。

KIKI

この椅子、良いですね~
レストランで食事をしている時など、店員さんが後ろを通ると、足を引っかけられるとき、ありますよね・・・

こちらの椅子のお値段は・・・

約9万円!!

いや~、やっと10万円を切りましたね、笑。

気になる点としては、細身の菅田将暉さんですら、椅子にぴったりとした感じに座っているように見えるので、ゆったりと座りたい方には不向きかもしれません・・・(※個人の見解です)

阿川佐和子さんと座っている菅田将暉さん

引用元:「サワコの朝」公式HP

 

下記サイトなどでサイズ感などを確認してみるのが良いかもしれません~

 

【ヴァーナー・パントン】コーンチェア

阿川佐和子さんと假屋崎省吾さん

引用元:「サワコの朝」公式HP

 

華道家の假屋崎省吾さんが座っている、印象的なデザインの椅子は、ヴァーナー・パントン (Verner Panton)のコーンチェア(Cone Chair)になります。

デンマーク人デザイナーのヴァーナー・パントンがデンマークのレストランのためにデザインしたコーンを逆さまにした形の椅子になります。

一度見たら忘れられない形の椅子ですね。

こちらのお値段は・・・

5万円以下!!

巧みな色使いもヴァーナー・パントン作品の特徴の一つです。

ピンク色もかわいいですよね~

 

【アルネ・ヤコブセン】のスワンチェア

阿川佐和子さんと綾瀬はるかさん

引用元:「サワコの朝」公式HP

 

綾瀬はるかさんが座っている水色の椅子は、アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)がデザインしたスワンチェア(Swan Chair)

スワンチェアは、1958年、コペンハーゲンにあるSASロイヤルホテルのロビーおよびラウンジのためにデザインされ、フリッツ・ハンセン社が製造しています。

この椅子の一番の特徴は、全く直線のないこと。
当時は、技術的に革新的な椅子として誕生しましたが、現在でも他の椅子にはないフォルムとして人気となっています。

お値段は、

約50万円・・・!!!

調べたところによると、デンマークのフリッツ・ハンセン社製造のスワンチェアのお値段が約50万円です・・・デンマークからの輸送費も入っているのでしょうか。

こちらの商品、リプロダクト商品もあり、それなら約4万円で買うことが出来ます。

 

 

白鳥が羽ばたく姿をデザインしたスワンチェア。

写真の綾瀬はるかさんは白い衣装で、水色のスワンチェアに座っていますので、まさに白鳥のようですが、やはり綾瀬はるかさんレベルの女優さんなら、50万円の椅子に座っていてもおかしくはないですね・・・!

 

まとめ

この記事では、「サワコの朝」で使われている椅子についてご紹介しました。

思ったよりお手頃価格のものから、芸術品といえるような椅子まで、幅広い種類の椅子が使われていましたね。

この記事が、インテリアのご参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です