石田ゆり子の歌はうまい?歌手デビューしたのに下手と言われる理由も調査

石田ゆり子の歌はうまい?歌手デビューしたのに下手と言われる理由も調査

女優の石田ゆり子さんが歌手デビューをしていたことが発表されました。

石田ゆり子さんは歌が上手いという意見と、反対に下手という意見があります。

実際に石田ゆり子さんが歌っている動画と歌声に対する口コミを集めましたので、石田ゆり子さんが歌が上手いかどうかと見ていきたいと思います!



石田ゆり子の歌はうまい?歌手デビューの動画を紹介

石田ゆり子さんが歌手デビューを明かしたのは、自身のインスタグラムでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石田ゆり子 Yuriko Ishida(@yuriyuri1003)がシェアした投稿

石田ゆり子さんは、lily (りりー)という名前で音楽活動をされています。

2021年12月3日にデビュー曲「MAGIC」、2022年2月25日にはセカンドシングル「うたかた」がリリースされています。

どちらの曲もYouTubeで聴くことが出来ますので、ご紹介しますね。

デビュー曲「MAGIC」

 

セカンドシングル「うたかた」

セカンドシングル「うたかた」では、石田ゆり子さんが作詞も担当しており、石田ゆり子さんってこんな風に日常を過ごしているのかなとホッコリできる内容です。

石田ゆり子さんの歌声に対して、「かわいい」「やさしい」「癒される」など好評の声が多く聞かれているようです。

石田ゆり子さんの歌声は、カヒミカリィさんや原田知世さんに似ているという意見もありましたね。

個人的にはつじあやのさんの歌声を思い浮かべました。

石田ゆり子の歌は下手と言われる理由は?

石田ゆり子さんの歌はうまいという意見を見てきましたが、反対に「下手」という意見もあるんですよね。

その理由として考えられるのが、石田ゆり子さんが2019年に出演したテレビ番組「アナザースカイ」。

フランスのパリに行き「愛の讃歌」を歌っている姿を披露しています。

石田ゆり子さんが歌うシーンはこちら。

石田ゆり子さんの声量が少なく(外で歌っているから声量が少なく聞こえる可能性も)、フランス語の歌ということもあってか、少し自信なさげに聞こえるのが、歌が下手といわれる理由かもしれません。

さらにギターを弾いているのが世界的ギタリストであるティボー・ガルシアさんということで、プロの歌手ではない石田ゆり子さんとの力量の差が出てしまったのかもしれません。

まとめ

石田ゆり子さんの歌は上手い?または下手?というウワサを調査しました。

上手いと言われるのは石田ゆり子さんが歌手デビューで提供された曲で歌っているとき、下手と言われているのは世界的ギタリストの伴奏でフランス語の歌を歌ったときということが分かりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です