河瀬直美の若い頃と生い立ちは?養子と住まいや学歴経歴についても

河瀬直美の若い頃と生い立ちは?養子と住まいや学歴経歴についても

河瀬直美さんは国内のみならず海外でも賞を受賞する有名映画監督です。

東京オリンピックの公式記録映画の監督としても話題になりましたよね。

そんな河瀬直美さんの若い頃と養子として育てられた生い立ち、また住まいや学歴および経歴についてもご紹介します。



河瀬直美の若い頃

映画監督として活躍されている河瀬直美さんですが、高校のときはバスケットボール部のキャプテンとして国体に出場していました。

下はバスケをやっていたときの若い頃の写真になります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naomi Kawase(@naomi.kawase)がシェアした投稿

河瀬直美さんは身長も167センチもあり、当時の女性としては高身長だと思われますし、キャプテンとして活躍していたなんてリーダーシップもあったんでしょうね!

河瀬直美の養子として育てられた生い立ち

河瀬直美さんの生い立ちは映画制作に反映されています。

  • 生後間もなく生き別れた父親を探す「につつまれて」(1992年)
  • 養母と暮らす日々を紡いだ「かたつもり」(1994年)
  • 特別養子縁組をした家族「朝が来る」(2020年)

河瀬直美さんを妊娠中から別居状態だった両親は、河瀬直美さんが1歳半のときに離婚しました。

河瀬直美さんは子どもがいなかった大伯母夫婦のもとに引き取られ、養子として育てられることになりました。

特別養子縁組をしたのは小学校4年生で、それまで名乗っていた母親の姓から河瀬姓になったそうです。

映画「朝が来る」は辻村深月さんの小説「朝が来る」が原作になりますが、子どもの視点から特別養子縁組を描かれていると感じたため、映画化を決めたそうです。

 

河瀬直美の住まいは奈良県

河瀨直美さんの住まいは奈良県です。

河瀬直美さんツイッターのプロフィールでも「生まれ育った奈良で生き、映画を創り続ける。 畑で野菜をつくるのに夢中。」とあります。

2013年のツイッターでは、奈良マラソンのコースが河瀬直美さんの自宅から畑までの区間とかぶっていることを明かしていました。

2013年の奈良マラソンのコースは以下の通りですので、この付近に河瀬直美さんのご自宅があるものと思われます。

奈良市鴻ノ池陸上競技場をスタートし、朱雀門前、東大寺や春日大社などの近くを通り、天理市内を折り返してスタート地点に戻る42.195キロの大和路を駆け抜けました。

引用元:奈良県庁ホームページ

河瀬直美さんの奈良のご自宅は緑がいっぱいで素敵なおうちなんです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naomi Kawase(@naomi.kawase)がシェアした投稿

田んぼでお米を育てたりと奈良での暮らしを満喫しているようです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naomi Kawase(@naomi.kawase)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naomi Kawase(@naomi.kawase)がシェアした投稿

本格的なお米づくりですね!

河瀬直美の学歴と経歴

河瀬直美さんは奈良市立一条高等学校を卒業後、大阪写真専門学校(現在のビジュアルアーツ専門学校)映画学科に進学しました。

大阪写真専門学校卒業後は同校の講師を務めながら、8mm作品「につつまれて」(1992年)で山形国際ドキュメンタリー映画祭国際批評家連盟賞を受賞。

また、「かたつもり」(1994年)でも山形国際ドキュメンタリー映画祭奨励賞を受賞し注目を集めます。

1997年に「萌の朱雀」で、第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少の27歳で受賞したことで一躍有名になりました。

「萌の朱雀」は学校の下駄箱を掃除していた地元の中学生の尾野真千子さんに声を掛け映画出演してもらい、尾野真千子さんのデビュー作になった映画です。

普通の中学生だった尾野真千子さんの女優デビューのきっかけを作った河瀬直美さん、すごいですね!

河瀬直美は結婚してて子供がいる?

河瀬直美さんは映画「萌の朱雀」でプロデューサーを務めた仙頭武則と1997年に結婚しましたが、2000年に離婚しています。

その後一般の方と再婚し、2004年に長男を出産しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naomi Kawase(@naomi.kawase)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naomi Kawase(@naomi.kawase)がシェアした投稿32 歳

現在18 歳ということで、息子さんの成長を楽しみにしている河瀬直美さんの様子がうかがえますね!

まとめ

河瀬直美さんの若い頃はスポーツ万能でバスケ選手として国体まで出場していました。

また、養子として育てられた生い立ちを映画制作に生かしていた作品もありました。

住まいは奈良県で緑豊かな自宅とその付近で畑仕事や田んぼづくりなど自然を満喫している様子が写真からも分かりました。

東大入学式のスピーチでも有名な河瀬直美さん↓

【動画】東大入学式の河瀬直美の祝辞!全文あり



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です