【吉野家】常務取締役企画本部長の伊東正明の経歴は?伊東塾は高い!

【吉野家】常務取締役企画本部長の伊東正明の経歴は?伊東塾は高い!

吉野家の常務取締役企画本部長による早稲田大学の社会人向けのマーケティング講座での発言が炎上しています。

この記事では、吉野家の常務取締役企画本部長である伊東正明氏の経歴をご紹介します。

また、伊東正明氏が運営している伊東塾の受講料も見ていきます。



常務取締役企画本部長の伊東正明の経歴

2022年4月18日に吉野家が謝罪したのは、4月16日に早稲田大学の社会人向けマーケティング講座で、吉野家の常務取締役企画本部長が問題発言をした件についてです。

取締役は自社の若年女性向けマーケティングを「生娘をシャブ漬け戦略」と発言し、「田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を無垢・生娘な内に牛丼中毒にする。男に高い飯を奢って貰えるようになれば、絶対に食べない」とも話していたという。

引用元:Yahoo!ニュース

受講生を目の前にして、このような発言を何度も繰り返していたようです。

受講生の顔色も変わったと思うのですが、マスクで表情が見えなかったのかなと疑うレベルですね。

講座受講生がFacebookに投稿したことから分かった今回の問題・・・

問題発言をした吉野家の常務取締役企画本部長は、伊東正明氏と言われています。

早稲田大学「デジタル時代のマーケティング」の講師陣のページで確認することが出来ます。

伊東正明の経歴をご紹介します。

1996年:慶應大学商学部卒業
1996年:P&G入社
2017年11月:P&G退社
2018年1月:独立。吉野家入社
2018年10月:吉野家の常務に就任

P&G入社後は、ブランドマネージャーとして台所洗剤「ジョイ」と洗濯洗剤「アリエール」のブランドを再建しました。

具体的には国内シェア40%だったジョイが一時期30%まで落ち込んだときに、再度40%に戻すなどのV字回復を2年間で達成したそうです。

また、花王の粉末洗剤「アタック」を退場させるために、伊東正明氏がアリエールを仕掛けたことで現在の主流となっている液体洗剤になったそうです。

その後もレノアやボールドの洗濯洗剤に関わり、P&Gの4割のビジネスに携わったと伊東氏本人がインタビューで答えていました。

P&G米国でマーケティング責任者を務めたり、シンガポールでアジア圏のマーケティング分野での戦略を任されていました。

P&Gシンガポールでは、ホームケア・オーラルケアヴァイスプレジデント(副社長)に就任したほどのエリートになります。

会社から言われていたのは「次は日本の社長か、シンガポールに残ってほかのカテゴリを担当するか、グローバルチームの責任者の3つのどれかだ」ということです。

引用元:慶應義塾大学1996年三田会

2017年11月にはP&Gを退職し独立しており、現在では吉野家の常務取締役を務めています。

P&Gとしては、伊東正明氏が社長になっていたら大変なことになったので、当時は人材が流出したと思ったかもしれませんが、今となっては良かったのかもしれませんね。

吉野家の謝罪文を作成したのが伊東正明氏本人とも言われていますし、謝罪対応もひどい感じですね・・・

 

伊東塾が高い!

伊東正明氏は伊東塾というマーケティングを学べる塾を開講しており、その金額が高いことも分かりました。

Agenda noteによると、例えば2021年に大阪で開催された1日7時間講義の受講料は税込10万7800円でした。

定員が50名なので全ての枠が埋まったら、1日で軽く500万円の売上になります。

東京で開催されたマーケティング研修講座も3日間に分かれていますが、合計8時間の講義で13万2000円でした。

オンラインの場合は11万8800円ですが、どちらにしろ高額な受講料ですよね。

こちらは、最低実施人数30人で定員は50人ですので、最低でも300万円は売上がないと開催しないという強気の設定です。

入門編のマーケティング講座は90分で受講料は税別2万円という高価格でした。

1人1時間あたり約1万5千円は売上ないと講座は開催しないと決めているのかもしれませんね。

まとめ

吉野家の常務取締役企画本部長の伊東正明氏のプロフィールをご紹介しました。

吉野家の常務取締役以外にも、自分で主催している伊東塾でも1時間あたり約1万5千円でマーケティングを教えていることが分かりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です