【ちむどんどん】レストランオーナーの経歴と正体は暢子の叔母?ネタバレ予想

【ちむどんどん】レストランオーナーの経歴と正体は暢子の叔母?ネタバレ予想

NHK朝ドラ「ちむどんどん」のレストランオーナーをつとめる女優の原田美枝子さん。

暢子の家族である比嘉家とは因縁があるようですが、どのような関係があるのでしょうか?

この記事では、「ちむどんどん」のレストランオーナーの大城房子の経歴と「暢子の東京の叔母さんでは?」というネタバレ予想をしていきたいと思います。



【ちむどんどん】レストランオーナーの経歴は?

「ちむどんどん」の東京に出てくるイタリアンレストラン「アッラ・フォンターナ」のオーナー大城房子を演じるのは女優の原田美枝子さん。

現在はレストランオーナーとして料理をつくることはありませんが、暢子とのペペロンチーノ対決では圧勝したように過去には料理人しての腕も相当だったようです。

レストランオーナーは戦後の闇市では伝説の料理人として和食、中華、洋食など様々な料理に通じ、イタリアでの修行経験もあるのだとか・・・!

レストランオーナーの経歴が分かったところで暢子との関係が気になりますね!

【ネタバレ予想】レストランオーナーの正体は暢子の叔母?

暢子がお世話になっている沖縄県人会会長の片岡鶴太郎さん演じる平良三郎。

片岡鶴太郎さん演じる平良三郎はレストランオーナーとは旧知の中で、オーナーが何者かを知っているようです。

レストランオーナーの正体を知った上で、暢子にレストランの職を紹介したようです。

暢子が「比嘉賢三の娘」であることを紹介状にも書いていました。

そんなレストランオーナーは、「暢子の東京の叔母ではないか?」という予想がされています。

暢子の父親が亡くなったときに、生活が苦しいだろうからと子供を1人引き取ることを提案してきた東京の叔母さんです。

結局、東京行きの日にバスに乗ったもののドタキャンした暢子・・・

こんなに東京に行くことを拒んでいた暢子なのに、高校を卒業するころには東京に行きたくてたまらない子になっていた描写がどこにもなく・・・というのが突然気になりましたが(^-^;

話は戻して、レストランオーナーが東京の叔母さんという予想になるのは、暢子にクビと言い渡しながらも、一流の料理人になるために必要な知識や教養を学ばせようとしているところです。

本来ならクビにしてもおかしくない暢子の態度に思えますが、気長に育てているようにも見えるレストランオーナーが東京の叔母さんという可能性は大いにありそうです。

レストランオーナーが何か文字を書くときに、手紙の達筆な文字と同じであれば、暢子の東京の叔母という可能性が高まりますね!

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」のレストランオーナーの経歴と「暢子の東京の叔母さんでは?」というネタバレ予想をご紹介しました。

レストランでの修行から離れて、新聞社で知識を身につけることになった暢子が成長し、オーナーに認められるという流れになるのでしょうか・・・

↓↓ちむどんどん関連記事はコチラから↓↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です