二階堂ふみの歌は下手で吹き替え?エールでは上手いが本人が歌ってる?動画あり

二階堂ふみ

NHK連続テレビ小説「エール」でヒロインを演じる、二階堂ふみさん。

歌手になる夢を持つという役柄のため、二階堂ふみさんはドラマで歌を披露しています。

この記事では、二階堂ふみさんがエールで歌っている歌声は本人が歌っているのか、吹き替えなのかを調査しました。



二階堂ふみの歌は吹き替え?

結論から言いますと、ドラマで歌っているのは二階堂ふみさん本人で、吹き替えではありませんでした!

実は、「エール」のヒロイン・関内音役は、オーディションで選んでいます。

2020年3月30日より放送スタートした「エール」ですが、なんと1年前の2019年3月にヒロイン役のオーディションが開催されたんです。

朝ドラのヒロインといえば、名だたる女優さんも応募する狭き門。

このヒロイン役には、2800人を超える応募があったそうです!

オーディションには、劇中で歌うシーンもあり、二階堂ふみさんは何度も歌うシーンを演じたようです!

ただ歌が上手いというたけではなく、実際に音がいるような存在感で、見事オーディションに合格されました!

エールで歌っているのは、二階堂ふみさん本人で、吹き替えではないという結論になります。

朝ドラ「エール」で披露する歌は上手い?

エールでは歌うシーンもたくさんあるため、二階堂ふみさんは、2019年夏から歌のレッスンを始めているそうです。

「練習時間を設けていただきながら、歌うシーンの前は声帯を開くためにスタジオでも声出しをしていて、毎回120%の力でやったつもりでも納得できなかったり、自分の技術が追いついていかないところがあったり、難しいなと思う部分もありました。ですが、そういう姿も反映することができる成長していく役でもありますので、設定と周りの方々に助けていただきながら歌のシーンに挑んでいます」

引用元:https://mantan-web.jp/article/20200509dog00m200027000c.html

 

歌のシーンに向けて頑張られている様子が分かりますね~

歌うシーンを含む、メイキング動画がありましたので、ご紹介しますね!

こちらの歌は、ドラマのストーリーを知っている人は、感動しますよね・・・

 

素人目ですが、しっかり練習をされているので、歌が上手な方に入るのではないでしょうか!?

下手という噂があるのは何故?

二階堂ふみさんの歌を検索すると、「下手」というワードが出てきます。

これはなぜでしょうか?

こちらの動画がその理由かもしれません。

こちらの動画は、オペラを歌う二階堂ふみさんですね。

歌が下手という声があるのは、本物のオペラ歌手である田中俊太郎さんが出てきていたり、プロの歌手と比較されてしまったのかもしれません。

しかし、この歌についても、演技ではないかという声もあります。

「声楽好きの素人の域で、プロには及ばない感じ」が演技ということですね!

歌が下手な演技が上手い!ということですね~

 

ちなみに、過去に二階堂ふみさんが歌っている動画を発見しましたので、ご覧ください!

このころより、エールで披露している歌声はかなり上達していますよね!

 

まとめ

この記事では、二階堂ふみさんの歌は吹き替えなのか、本人が歌っているのか調査しました。

短期間ですごく上達した二階堂ふみさん、これからも歌声を聴かせてほしいですね♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です