【オリンピック開会式】カザフスタン代表選手が美しい!北京と東京の衣装紹介!

【オリンピック開会式】カザフスタン代表選手が美しい!北京と東京の衣装紹介!

2021年に開催された東京オリンピックの開会式でカザフスタンの選手入場が「お姫様みたい!」と話題になりました。

2022年に開催された北京冬季オリンピックでもカザフスタンの衣装がやっぱりキレイ!ということで衣装をご紹介します!



【北京オリンピック】カザフスタン代表選手の衣装が美しい!

北京オリンピックの開会式でカザフスタンの選手が入場したときの写真です。

スピードスケートのエカテリーナ・アイドワ選手とショートトラックのアブザル・アジガリエフ選手が旗手をつとめています。

エカテリーナ・アイドワ選手の衣装は、金色で伝統的な模様の描かれた裾の広がったロングダウンコートに帽子となっており、これは伝説的なアジアの女王トミュリスから発想を得ています。

アブザル・アジガリエフ選手は黒のダウンの上下の衣装で、こちらは古代カザフの英雄であるバティルを表しています。

 

エカテリーナ・アイドワ選手の帽子がかわいい!

東京オリンピック開会式のカザフスタンの衣装!

2021年に開催された東京オリンピックの開会式でのカザフスタン代表の衣装もキレイと評判でした。

ゲーム「ファイナルファンタジー」に登場するヒロインのようだと話題になりましたよね!

まとめ

北京オリンピックと東京オリンピックの開会式でのカザフスタン選手の衣装をご紹介しました。

夏に開催された東京オリンピックでは涼し気な白色の衣装、冬に開催された北京オリンピックでは防寒対策ばっちりな黒の衣装とどちらも素敵でしたね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です