北京オリンピック2022のロボットがすごい!食堂ロボなど種類も多い!

北京オリンピック2022のロボットがすごい!食堂ロボなど種類も多い!

2022年に開催される北京オリンピックは、コロナ禍のため人と人の接触を減らすべくロボットが活躍しています。

この記事では、北京オリンピックで使われるロボットについて、どんな種類があるかをご紹介します。



食堂ロボット

マスクをして食事をするため、感染の可能性が高い食堂では調理から配膳まで自動で行うロボットが活躍しています。

座席の上に透明なレールが敷かれており、目当てのテーブルの上に到着するとクレーンのように上から料理が届けられる仕組みになっています。

料理もロボットが行っており、透明なガラス張りの中で調理している様子を見ることができます。

水餃子を自動で茹でてくれるロボットもいます!

さらには、コーヒーを淹れてくれるロボットもいます。

空気清浄用ロボット

空気清浄用のロボットも活躍しています。

消毒液を噴霧しながらホテル内を移動しています。

清掃ロボット

清掃ロボットも活躍しています!

その他のロボット

上でご紹介したロボット以外にも、スマート配送ロボット、スマート・インフォメーションロボット、翻訳ロボットなどがあるそうです。

ロボットは自動で充電やメンテナンスができ、障害物を避ける機能も備わっているそうです。

まとめ

この記事では、北京オリンピック2022で活躍するロボットをご紹介しました。

様々なロボットの活躍もあり、オリンピックが楽しく安全に行われると良いですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です