マイファミリーのポスター考察で赤色の意味は?犯人は2人か未知留の自作自演?

マイファミリーのポスター考察で赤色の意味は?犯人は2人か未知留の自作自演?

ドラマ「マイファミリー」の放送が4月10日からはじまりました!

二宮和也さん演じる鳴沢温人(なるさわ はると)さんの娘、友果(ともか)が誘拐されてしまう話で犯人さがしの考察が始まっています。

この記事では、ドラマポスターから分かる犯人考察をまとめてご紹介します。



ポスター考察で犯人は2人?

ポスターには鳴沢家の3人の前に背を向けたスーツ姿の2人がいます。

これは、鳴沢家に立ちはだかる犯人2人を表しているのかも、と考察されます。

ポスター右下を考察|海で友果(ともか)を引っ張る犯人?

ポスターの右下には、海で友果と思われる女の子を引っ張っている男性?がいます。

第1回目放送の冒頭に、友果が海に向かうシーンがありました。

二宮和也さん演じる温人が記者会見をしているテレビを見たあと、「きっしょ」と言い捨て海に向かう友果。

自分から海に向かい、その場で何かトラブルがあったのかと思わせるポスターの内容になります。

ポスターの赤色の意味は何?未知留の自作自演?

ポスターで気になるのは、登場人物の一部が赤色になっているところです。

誘拐されている友果に赤い色がないのは分かるとして、多部未華子さん演じる妻、未知留(みちる)も赤いものを身につけていません。

赤の意味について調べてみると、「つながりを表す色」とも言われているようです。

赤は血の色でもあり、これは家族のつながりを意味します。そこから発展して団結や絆を表します。血を分けて私たちは母体から生まれてきますが、その時の分離感とも関連しています。そのため、赤の性質をもつ人はチームや地域といったつながりを大切にする人が多く、それがなくなった時の喪失感を強く感じます。

引用元:TIMELESS EDITION

赤い色がある登場人物が血のつながりがあるとは考えられないので、友果の誘拐事件を協力して解決しようとしている人物に赤い色がついているとも考えられます。

となると、赤い色のない未知留と友果の自作自演の誘拐と考えられます。

ドラマ「最愛」でもポスター考察が盛り上がりましたが、犯人を示唆しているわけではなく単なるデザインだったというオチもあります・・・

【最愛】ポスターの考察で犯人が分かる?大輝や加瀬さんも危ない!

(追記)
マイファミリーのプロデューサーである飯田和孝さんがインタビューでポスターについて話していました。

「全員が繋がっている感じを表す色を繋げている」と明かし、愛娘を抱いて守っている鳴沢一家を主要キャラクターの7名が囲んでいるという構図については「この3人がどんどん追い込まれていく感じもあるし、1つの輪になっているということもある」

オレンジ色を基調とした理由については「家族を表す温かい色というのを色々と試していく中で、熱すぎる程のものでもないんだけど、ほんのりぽかぽかするような印象を与えたかった」「赤だとちょっとサスペンスよりになりすぎるので、上手い具合にオレンジの濃度も調整した」といい、「オレンジは見方によってはちょっと不気味にも見えるので、意外と良い色に設定できたと思います」と話していた。

引用元:モデルプレス

ポスターの色についてはストーリーと関係がなさそうですね(^-^;

まとめ

この記事では、二宮和也さんが主演をつとめるドラマ「マイファミリー」のポスター考察から犯人予想をご紹介しました。

  • 犯人は2人いるかもしれない
  • 海で友果が誰かに手を引っ張られてる
  • 友果と未知留の自作自演の誘拐事件

ポスターからの考察は犯人予想には関係ないかもしれませんが、意味があると思うと細かいところまで気になっちゃいますね~

他にお気づきにことがあれば、コメントをお寄せいただけると嬉しいです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です